最古
2022-08-12

あれから37年  ǸО 8925

近鉄特急郵便局行こうと玄関を出たら、携帯電話がブルブル。出て見ると医院の先生からで来週に予約していただいた大病院の紹介状を取りに行っていないことを指摘された。

「明日に行きます」と対応したら「明日から19日までお盆休みになると言われるので郵便局の帰路に立ち寄った。

1週間ほど前に薬局が届けてくださった塗薬が効いたみたいで、「もう大きな病院で診察を受けなくてもよい」と言われたが、念のために行ってきますと伝えた。

2週間分の薬を貰って帰宅したら、自宅の電話が鳴り、妻の名前を言われてびっくり。相手は信用金庫のスタッフの方で、妻の預金通帳が警察に落とし物として届いているそうで、様々な情報をメモしていくことにした。

妻はずっと入院しており現在は施設に入居しており、預金通帳を落とすなんて考えらえない。布施警察署と聞いたので鶴橋駅から大阪線の俊徳道で降り、改札を出たら駅前のイメージが変わっており、警察署が見当たらない。

過去にご仏縁のあるお寺様から正月に電話をいただき、「総代さんが亡くなられまして」と聞いて行くことにしたが、そのお家が布施警察署の横だったことを憶えていたが、横断歩道にいた女性に聞いてみると「移転して八戸ノ里駅の近く」と知って電車で布施駅で奈良線に乗り換えて八戸ノ里へ行くことにしたが、布施駅では4階から6階に移動するのでエレベーターを探したら、随分と不便な場所にあって苦労した。

駅前に出て20分ほどタクシーを待ったら、やって来た運転手さんから「布施警察はすぐそこですよ」と言われたが、もう歩く元気はないので行って貰うことにしたら、100メートルほど走行したら到着した。所内に入って遺失物の係へ行ったが、電話で先の必要な物を聴いていたのでマイナンバーカードを夫婦の分出したら、書類にサインして受領したが、窓口の方によるとタクシーの車内に落ちていたそうで、タクシー会社が届けてくれたそうだが、お礼は不要だと言われておられたそうで、お言葉に甘えてタクシーで帰って来たが、我が国の文化が顕著に出た行為で、私もそうありたいと考えていた。

友人の割烹でそのことを伝えると、互いの気を付けなければいかん」という会話になり、彼が数日前に車のドアにキーを付けたままで降りてしまったそうで、車内に何度も財布を置いたままと言うこともやっていると話していた。

昼食に行って帰宅して玄関の鍵を掛けないことも何度かあり、強盗の被害にあったらどうするとゾッとしたこともあったが、どうも注意散漫になっているみたいで、ちょっと気を付けなければならない。

NHKの銀河テレビ小説「まんが道」を観ているが、昨夜は4本分観てしまい、続きの番組江尾観ていたら午前4時を過ぎておりびっくり。しばらくすると窓の外が明るくなった。

「まんが道」は藤子不二雄さん原作で、幼馴染の二人が古里の富山県で漫画の道に没頭し、神様と尊敬する手塚治虫さんにいる「トキワ荘」に言ったりする物語で、石ノ森章太郎さんや赤塚不二夫さんなどの交流に進展するみたいで面白い。

高校野球の天理高校の試合を観ていたら、ブラスバンドの曲にびっくり。映画「史上最大の作戦」の主題曲で、確か「ダイアナ」のヒットを⒮飛ばした「ポール・アンカさん」の作曲だったと記憶する。「ザ・ロンゲストデイ」という副題も憶えているが1962年の公開された映画だった。

今日は日航機の地絡事故から37年目の日だった、事故の発生を知ってからスタッフにお客様からの夭逝があれば受けてもよいが、日本航空からの依頼があればお断りしなさいと命じた。それは加害者側の仕事でご遺族に接しても慰めにはならないということからでかつてタクシー外野からの依頼をお断りした時の教訓があった。

お客様からご遺体搬送の要望があったら伊丹空港へ行ってもよいが、全員黒服で黒ネクタイで行きなさいと命じておいたが、こんなに暑い時期なのにと抵抗感を抱いていた社員たちが、伊丹空港へ行った際に黒服姿を見られた他のご遺族が、「作業服や白シャツ姿の葬儀社たちに怒りを訴えられ、帰社してから「勉強になりました」とその意味を学んでくれた。

同業者の犠牲者もあって参列したが、ある犠牲者は私と同じゴルフ場のメンバーで、ロッカーがすぐ側にあって驚いたことを憶えている。
久世栄三郎の独り言(携帯版)
携帯で下のQRコードをスキャンするか
 または
携帯に下のURLを直接入力します。
URL http://m.hitorigoto.net