最古
2021-04-12

睡眠不足  NO 8743

万寿ゴルフ倶楽部オーガスタで行われていたマスターズで松山選手が優勝した。深夜や早朝の中継を観ていて睡眠不足になったが、暗いニュースばかりの最近に、とてつもない快挙のニュースとなった。

才数ホールで彼のキャディさんがコースに向かってお辞儀をされていたことも話題になっているが、表彰式の時に正座をされていたことも大君お人達の目に好感を与えたようで嬉しいことだ。

松山選手は喜怒哀楽が表情に出てしまうタイプで、過去に自分自身に腹を立てる態度に同伴競技者からクレームが出たことあったが、頂点に立って礼節を重んじる日本人の姿を見せて欲しいと期待する。

30年前、大阪の鶴見緑地で花博が開催された際、オーガスタナショナルコースの12番ホールを設け、中線で阿ヨットをするイベントがあったが、ゴルフ仲間の一人が見事に当選。数人の仲間達と応援に行ったが、緊張感からか見事に生けに打ってしまって盛り上がったことも懐かしい。

当時はタイガー・ウッズ戦湯が登場して話題になっていたが、別格の存在感を有していたので記憶に残っている。

オーガスタナショナルに何とかして行けないかと相談を受けた人物もいた。100万でも200万でも構わないからルートを探して都頼まれ、人脈を頼ってメキシコにいる知人から「何とかなる」と言われて伝えたら、ご本人が手術入院されてしまって叶わなくなった。

もしもその方が行くことになっていたら、私もジョージア州まで言っていたと思うが、オーガスタはゴルファーにとっては「聖地」で、行きたいと思っている人達が世界中に大勢存在すると思っている。

オーガスタはかつて女性メンバーの存在はなく、クラブハウスへも入れない厳しい規定があったが、数年前に撤廃されたみたいである。

我が国の大峰山や女人高野みたいな問題になるが、宗教上の事情があっても、それを遵守することは難しい時代である。

人生は出逢いが全てと言う言葉があるが、私のゴルフに関しては最初に教えて下さった方がマナーに厳しい方で、イギリスの名門コースなどを全てラウンドされたこともあり、「コースの設計者と戦うにはフルバックから打てるようにならなければならないから、最低条件となるシングルを目指しなさい」と言われて「7」まで進んだが、大病を患ってラウンドが出来なくなった。

松山選手のショットが気に当たってフェアウェイに出て来たラッキーもあったが、15番掘る出池に打込んしまった時は「やばい」と思ったが、次のホールで同伴競技者行けに内混しまうドラマもあって久し振りにハラハラした。
久世栄三郎の独り言(携帯版)
携帯で下のQRコードをスキャンするか
 または
携帯に下のURLを直接入力します。
URL http://m.hitorigoto.net