最古
2018-12-08

一気に冬に  NO 8396

尾道の和菓子店師走の風物詩でもある「餅つき」だが、小学校でイベントがあって役員さんが「お裾分け」を届けてくれた。

お餅は大好物だが食べ過ぎないようにしなければならない。すぐに体重増加となって腹部が太くなるからだ。

夕方、妻の友人が多くの「みかん」を届けてくれた。「みかん」の小粒タイプは甘いというが、それを実感する甘さに驚いた。

郵送物の中に「喪中はがき」が多い。最近に「終活告知」ということが話題になり、年賀状を行わないという宣言告知だが、私のように大病を患って指先の動きに問題があって文字を書くことが難しいケースもあり、、毎年続けていた600枚の年賀状を出せなくなってから数年が過ぎたが、私の体調を厭う温かい賀状が届くので恐縮する。

16年以上続けているこの「独り言」だが、目が不自由になって来ているので休載してしまうことも増えたし、「10年前の独り言」を再掲することも仕方がないのでご理解を。

今日も「幸せ列車」から転載する。

チームワークで!  NO 2323   2008-12-05

これまでに何度も書いたように臆病な我が性格、昨号に触れたが、何やら強烈に恐怖を感じる新型インフルエンザに対する我が社の危機管理態勢が、やっと「かたち」になって動き始めた報告を受けた。

細々としたところまで考えるとかなりの経費を要するが、それは「命」に関する仕事に従事する立場の責務、「ご家族」が突然に「ご遺族」になられたお悲しみの光景を目にしたくないからであり、心から流行することがないようにと手を合わせている。

パソコンの作業に長けた男性スタッフに頼んだ展示パネルも完成、本社の式場と西館の式場に掲示して社会啓蒙という行動で皆さんに「予防対策」を訴えることもやり始めたが、それをご笑覧くださった近所の方が「立ち止まって、じっくりと読んだよ。予想していたより怖いことだね! 早速書かれていたことを励行するよ」とのお言葉を頂戴して嬉しかった。

さて、毎年12月の初旬には信じられないような暖かな日があるが、今日4日は、まさにその日 だったようで、午後に阪神高速を走行した際の外気温が20度をオーバーしていたのにはびっくり。素晴らしい青空の下、紅葉の見事な山陽路で多くの方々と共 に有意義な時間を過ごしてきた。

夕方からは電車で神戸のホテルへ、大規模な記念パーティーに出席、何度か食してお気に入りの屋台の「たぬき蕎麦」を3杯も注文し、時間の経過と共に濃くなるダシの味が徐々にアップ、勧めた隣席の女性も「おいしい!」と喜ばれていた。

パーティーの主役は、楽天イーグルスのコーチに就任された佐藤氏だが、野村監督が来期で引退をされるというような裏話を伺い、それなら「日陰の月見草」と言われておられた監督を優勝に導き、「ひまわり」のような立場で送り出すようにとエールを送った会でもあった。

阪神のコーチとしてや、日本ハムのダルビッシュ投手を育て上げた手腕も有名だが、楽天チームの投手陣がどのように進化するかが興味深く、一緒に撮影させていただいた記念写真や「マー君」のサイン色紙をお土産に手に大阪へ帰ってきた。

もう日付が変っているが、深夜から雨が降るとのこと。明日の葬儀のご出棺の頃まで止みそうにないが、全員が式場内に入れそうなのでその問題には安堵、それでも出来るなら小雨であって欲しいと手を合わす。

今日の写真は広島のピピの社長の風呂府から拝借。見事な心配りの「和菓子」を。
久世栄三郎の独り言(携帯版)
携帯で下のQRコードをスキャンするか
 または
携帯に下のURLを直接入力します。
URL http://m.hitorigoto.net