最古
2018-07-21

バテ気味  NO 8262

不老不死温泉朝から医院へ行き、2週間毎に貰う薬と痛みを伴う処置を受けて来た。ちょっと気になっていた体重計測も行ったが、あまり変化はなかった。

Wカップ、テニスのウインブルドン、ゴルフの全英オープンなどテレビ中継を観て来たが、画面に出るスコアの文字が見えないので難儀であるし、テニスコートのラインもはっきり見えないので入ったか入っていなかったかも分からない。

ゴルフのグリーン上のパットもはっきり見えないので音で確認することになる。それだけ目が不自由になりつつあるという顕著な兆候だが、まさに鬱陶しいことである。

豪雨被害の復興が大変だ。酷暑の中で避難を強いられている人達が気の毒だが、多くのボランティアの皆さんの行動に手を合わせている。

観光産業への打撃も深刻のようだ。過日に下呂温泉や長良川の鵜飼い観光船のキャンセルに触れたが、四国の道後温泉でも多くのキャンセルがあったというニュースがあり、その中に私も入っていて申し訳ない思い。

NHKの昔の朝ドラ「おはなはん」の舞台になった大洲も大変だったよう。上流にある鹿野川ダムにヘラブナ釣りに行ったのは30数年前のことだったが、釣り宿に置かれた釣果のノートに俳優の近衛十四郎さんと松方弘樹さん親子が前日に40センチ以上をいっぱい釣ったと書かれていたので期待していたが、ただ水面を見て来ただけの寂しい思い出が残っている。

その時に利用したフェリーは「オレンジフェリー」だったと記憶するが、3人で行った方々はすでにご逝去されている。

ここからは「幸せ列車」の「10年前の独り言」から転載を。

有り難う ごめんなさい  NO 2249   2008-07-20

ずっと痛みに辛い思いを。外の暑さと室内のエアコンの温度差も問題のようで、温めるカイロやヒヤッとするエアーサロンパスの両方を使っているが好転せず、最も楽なひとときを感じさせてくれる銭湯から戻ったところだ。

腰痛なら電気風呂が最高だが、肩となれば難しく、二つの問題が絡んでくる。一つは電極のある所まで肩を沈めることが物理的に無理であり、もう一つは沈めた場合に電気が心臓に負担を及ぼす懸念があるからだ。

そこで少し熱めを我慢し、ジェット噴流を肩に当てる湯船に入ったのだが、温まり過ぎて後が大変になってくる。

帰宅するとエアコンが必要。それによって冷えてしまうのが大問題。いやはや暑い時期の骨や筋肉の痛みとは難儀なものである。

さて、多くの郵便物が届いている。中に過日に閉店された「くいだおれ」の女将さんからの葉書がある。例によって達筆で味のある文章。朝顔の絵に次のようにしたためられてあった。

『朝顔が咲いた。そして、私はさようならの時に、多くの人のご縁や仕事に生かされた年月 ありがとう あなた様 ありがとう』

『永きに亘るご厚情に感謝を込めて』 『移りゆく世に朝顔の変りなき』 

切手ではなく料金別納郵便だったが、「くいだおれ」人形の太郎君の写真があり、記念として大事にさせていただくことにした。

大阪を代表する名物「女将さん」をはじめ太郎君や次郎君に「お疲れ様!」と手を合わせよう。

あちこちからプレゼントが届いたり心配のメールもあるが、この痛みでは思考力が全くダメ。御礼や返信につきましては、今少しご海容くださいますよう伏してお願い申し上げます。  九拝合掌

今日の写真は行ってみたい東北の「不老不死温泉」で、JRの「ウェスパ椿山」駅が最寄り駅だが、リゾート列車「しらかみ」も利用したいものである。
久世栄三郎の独り言(携帯版)
携帯で下のQRコードをスキャンするか
 または
携帯に下のURLを直接入力します。
URL http://m.hitorigoto.net