最古
2019-01-12

激痛に苦しみながら  NO 8420

特急 はまかぜ商店街を歩いていると知人と会って声を 掛けられた。「奥さん大変そうだね。妻から聞いたよ。君がお茶碗を洗っていると聞いて信じられなかったよ」なんて言われたので恥ずかしかった。

師走から高齢家庭で高額な医療費にびっくり。台風21号の被害の工事費用も想定外だったが,命あるだけ幸運だったと夫婦で慰め合っているこの頃だ。

両手首と指を骨折した妻。腰の圧迫骨折が変名した私。ちょっと横着な姿勢で寝転んでから起き上がろうとすると激痛が走り、曲げている状態から真っ直ぐな姿勢にするまでが大変で、何処かで支えていなければ倒れるので恐ろしい。

階段も大変である。手摺をしっかりと握って肘を添えなければ怖いので気を付けなければならない。もしも落下して骨折したら入院と言うことになるので神経質になる。

朝から入浴したが、これも想像以上の苦労がある。手摺があるので何とかなるが、最近はフラフラ感が強くなっているので要注意である。

過日に当局で事情聴取を受けたが、私自身が脱税に関与していな事実をはっきりさせるために、被告、監査役である税理士事務代の女性職員、税理士を公訴の前に私自身が刑事告発する選択も仕方がないようで、連休明けにでも行動を賀締めるkとにした。


今日は歩いていると後方から自転車が追い抜き、僧衣姿のご住職から「おめでとうさん」とご挨拶をくださって恐縮した。

来月、再来月と九州の親戚の法事があるので体調を整えなければならないし、あちこちの講演依頼も入っているので発声練習も続けている。 


発声練習方法には様々あるが、私が実践しているのはラテン歌手の「「西川敬さん」から教えられたもの。平野のホールで何度もコンサートがあり、その司会をしていた縁もあったので役立つことになって感謝している。

誰にも聞こえないような小さな声で母音を繰り返し引き延ばすのだが、横隔膜にかなり影響を感じるし、息継ぎの訓練にもなる。


母音を引っ張ることで思い出すのは安倍総理だが、起用した偉人が次々に謝罪会見をしている姿に懸念を感じる人も多いだろう。上に立つ対場で重要なのはプロデュース力で、その最たる手腕がキャスティングと言われるが、省庁を巻き込んだ腐敗の構図はまさに「お笑い」レベルで、つまらない芸人よりも面白いかもしれない。


日産のゴーン氏に続いてオリンピック委員会のトップが話題になっている。オリンピックの東京招致が決まった際、「お・も・て・な・し」の滝川クリステルさんと福島はコントロールされていると発言した安倍総理に「世界中を相手に嘘を言った」と言う指摘もあったし、しばらくした頃に週刊誌でシンガポールの架空会社への送金も俎上になっていたが、この機に再度表面化したのは不思議な感じもする。

しばらくはワイドショーのネタとして採り上げられるだろうが、法に抵触することが発覚すれば責任を追求されるのは仕方がなくても、複雑な背景があるようで今後の展開が見え難い。

東京で初雪を観測したそうだが、連休明けから冷え込みが厳しいと言うP予報が出ていた。数日前に長野の上田市官平で氷点下23度を記録していたが、アルプスに囲まれた長野県の寒さは半端じゃないようだ、

もう20年以上前のことだが、深夜に名古屋から長野に向かって中央道を走行したが、恵那トンネルに近付くに連れ外気温が下がり、手前にあるパーキングエリアでマイナス8度になっていた。

速度計の一部に外気温を示すシステムがあり、走行しながら興味深くチャックしていたら、恵那トンネルに入る前にマイナス8度だったのが、トンネルの中央部で⁺8度になり、そこから徐々に下がってトンネルを抜けるとマイナス9度になっていた。

2月だったのでチェーンは携行していたが、冬用タイヤでなかったので雪が心配で気になっていたが、幸いにも天候に恵まれて帰阪することが出来た。

法改正で一部の道路区間でタイヤチェーン規制が設定されたようだが、冬用タイヤでもどうにもならない状況もあり、立ち往生と言う危険性を考えるなら仕方のない施策かもしれない。


国道8号線の大変な立ち往生の歴史は語り継がれているが、閉じ込められた運転手の方々に地元の人々が「お握り」をプレゼントした温かい報道の裏側で、「お握り1顧500円」で販売した人物がいて話題になったこともあった。

積雪が予想される道路を走行するなら水と食料の傾向は必需品だが、「トンネルを出ると銀世界だった」と慌ててもどうにもならないことを学ぶべき。過去に積雪で何度も恐ろしい体験をしているので忘れられないが、道路で遭難する事件も起きている事実を学びたいものだ。

チェーン、水、食料の他にもう一つ忘れてはならない問題がある。それは燃料のことで、立ち往生でガス欠となったら最悪となり、命を落とす危険性があることも考えたい。

今日の写真は1年前に夢千代で知られる湯村温泉へ行った際に利用した「特急 はまかぜ」を。姫路駅で逆方向で進むのでびっくりしたが、シートを回転させたことから手袋を忘れてしまったことも忘れられない。
久世栄三郎の独り言(携帯版)
携帯で下のQRコードをスキャンするか
 または
携帯に下のURLを直接入力します。
URL http://m.hitorigoto.net