2018-07-02

つい誘惑に  NO 8243

病室一昨日、群馬と長野の県境付近で1時間に120ミリという記録的な雨が降ったというニュースがあったが、岐阜県の下呂温泉付近でも鉄道が土砂崩れで不通になっていた。

昨日は対馬で50年に一度という猛烈な雨が降っていたし、今日は福島県で1時間に100ミリを超す大雨が降ったというニュースもあった。

沖縄近海から北上している台風があるが、九州から日本海へ進むという予想もあるので心配しているが、それにしても連日の猛暑は異常である。

リハビリ入院をしていた時に、必死になって杖がステッキに見えるように歩ければと頑張っていたが、最近は知覚障害が酷くなってきており、歩行中の杖に対する依存度が高くなってしまい、目が不自由という問題が重なって歩行が難しくなって来た。

この独り言の訪問者から過日に書いた口腔の傷の化膿問題について心配のメールや電話を頂戴したが、病院の処方した薬のお陰で随分と治まって来ており、手術入院の可能性が低くなったみたいでホッとしている。

最近に嵌っている物がある。それはコンビニで販売されている「ハッシュポテト」で、店舗のスタッフが私のためにいつも余分に作ってくれているようで、夕方に立ち寄るとニコッとして迎えてくれる。

揚げ物なので近年に3回入院した病気からすると避けるべきだが、食後にすぐに薬を飲むことにしており、何とか問題なく過ごしている。

ジャガイモが大好物で、いつも北海道の友人達から送っていただいているので幸せだが、数年前にオーストラリア旅行をした際に、何処のホテルでもジャーマンポテトがあったので病的な偏食の私も大歓迎だった。

さて、マイナンバーカードがあれば、区役所で申請する様々な書類がコンビニで対応して貰えることを知ったが、マイナンバーカードが返却されないので困っている。

勝手に確定申告をしていた税理士事務所の職員が持っていると考えられるが、様々な名義を変更していたことも訴訟にする予定で、返却がされないならまた訴訟が増えるので証紙代が必要となる。しかし裁判費用を被告負担として進めて貰うので判決で全てが戻って来る可能性が高い。

なぜ法に抵触することをやってしまったのだろうかと疑問を抱くが、次々に発覚する事実は衝撃的で、市販されている三文判を買って来て勝手にサインをして法務局に提出していることに驚いたが、私と妻の印鑑が提出される毎に入れ替わっている杜撰な行為は、調査を依頼している弁護士も呆れていた。

係争に関す問題もいよいよ大詰めになるようで、当局から事情聴取を受けることになった。これまでの経緯を説明することになるが、考えられない常識外れの税理士、税理士事務所のスタッフ、弁護士などの公序良俗に反する横着な行為は、被告の立場を一気に悪くするだろうと想像している。

著名な落語家だった「桂歌丸さん」がご逝去された。肺気腫を患われてから入退院を繰り返しておられたが、享年81歳なので私より11歳年上になる。

自分が亡くなる時はいつだろうか。その場所は何処だろうか。なんて考えるこの頃だが、病室の天井を思い出しながらベッドの側にいる人達のことを想像している。昔は多くの人達に看取られてこの世を出立するケースが多かったが、核家族が一般的になってしまった最近は、誰にも看取られずにこの世から旅立つ人も少なくなく、担当した葬儀のご遺族から伺った体験談だけでも多くのドラマチックな世界があることを学んだ。

看護師が定期的に病室を回っている時に亡くなっていたというケースもあったが、医師や看護師に看取られないこともあるから寂しい話である。

友人が「俺の最期はベッドの周りに一族郎党が集まる中で旅立つ」と言っていたが、彼は孫だけで11人もいるのだから賑やかだろうし、孫達に爺ちゃんの命の終焉を見せることも大切なことだろう。

今日の写真は5回入院したことのある病院の病室で撮影した一枚を。
久世栄三郎の独り言(携帯版)
携帯で下のQRコードをスキャンするか
 または
携帯に下のURLを直接入力します。
URL http://m.hitorigoto.net